ご挨拶

ご挨拶

 みなさん、こんにちは。まどか保育園は兵庫県明石市大久保町で社会福祉法人まどか福祉会が運営している認可保育園です。当園は明石市の中西部に位置し、JR神戸線大久保駅を中心に南北に拓かれた町です。 明石市の人口は約30万人ですが、そのうち大久保町には約8万人が生活しています。 JR大久保駅の南側は明姫幹線道路までの間に商業地として大規模なショッピング街と高層住宅地が並んでおり、北側は旧街道、国道2号線、第2神明道路が東西に走り、 昔の面影を残しつつも、駅前の区画整理を中心に新しい町並みが整ってきています。最近では北部の西脇地区、松陰地区、中ノ番地区で大規模な宅地造成が行われ、ますます発展してきています。
 さて、当園はJR大久保駅、国道2号線の北西、徒歩で10分ほどに位置し、交通機関利用にも便利です。また、静かな住宅地に立地しており、保育環境もとてもよいといえます。 まどか保育園は昭和46年に無認可まどか乳児保育園としてスタートしましたが、昭和55年法人認可を許可され、昭和56年4月に現在地に新園舎を竣工し、新たなスタートをきりました。園長、副園長、保育士12名、給食職員4名(業務委託)計18名の職員で保育活動にあたっています。
 当園は今年度開園45年を迎える節目に、平成27年4月1日完成に向けて園舎の全面改築工事(定員90名)を行っています。これにより、新たな園舎ではより機能的な設備と効率的な施設が整うことになり質の高い保育活動が始まります。
 まどか保育園の基本方針は『人を愛し、人に愛され、共に生きる心を育む』です。
 現代の多様な複雑な社会の中で、様々な悲しい出来事や悲惨な事故が、また、痛ましい事件が毎日のように起こっています。 このような世の中で大切なことは『人と人との結びつき』、すなわち、『人と人との愛』だと思うのです。 人と人とをつなぐ絆である『愛』を育み、手と手を取り合って、互いに思いやり、助け合いながら共に生きようとする心を育むことを核として保育活動に勤しんでいます。そこで、この保育方針を達成するために、まどか保育園では以下のような努力目標を掲げています。
1 挨拶の行き交う保育園作り2 基本的生活習慣の徹底
3 けじめのある保育4 何事にも集中する姿勢
以上の方針を達成するために、職員及び保育士一人ひとりが、全員が、全園児を把握し、共通理解した上での保育活動に専念していきます。 もちろん、園だけでは健全な保育活動はできません。家庭、地域、園が信頼関係で結ばれ、共に子ども達を育む姿勢でやってまいります。
 これからの未来ある子ども達のために互いに手を取り合っていきましょう。

ページの先頭へ戻る